Top Page  籔半案内  マップ・アクセス  駐車場  リンク  サイトマップ Mail

2009 東京蕎麦屋めぐり

東京蕎麦屋巡り_出発

11月16日、雪になるかという小雨の中、朝5時起床、JR小樽駅に向かう。

女将の囁き

猪口枝楓

 私どもの小樽の街は
 ハレとケ 聖と俗 ピンとキリ が
 ウチワの裏表のように ピッタリあわさって
 路地が 深遠深くまで あなた様をお誘い致します
 そお 路地は 小樽の至宝でございます
 黄昏のひととき
 おなかを満たすのではなく
 時を満たすために 揺らめく灯が誘う 路地裏にいかがでしょう
 休日に小樽に来るのではなく
 小樽に来ることが 自分にとっての休日になる
 だまって十年通えば 小樽のまちにいることが 自分の休日になる
 小樽の路地裏は そんな 大人のあなただけの 小店の世界
 まずは、お足を休ませなさいませ
 手始めに 日本酒・純米酒で 喉を潤し
 さあ 酒肴は 何になさいましょうか

蕎麦屋親爺の呟き

檜垣紋

燦々と照りつける太陽と 北海道の肥沃な大地の恵み
炎天下 汗を流し ソバを育てる 栽培農家の心意気
そして 毎朝額に汗を浮かべ 蕎麦を打ち ダシを取る蕎麦職人の意地
その「天と大地の恵み」と「心意気」と「意地」が織りなす世界
それが 小樽・蕎麦屋・籔半の世界でございます

弊店の蕎麦(麺)は
北海道・旭川から約50キロにある 江丹別地区で栽培され
現地製粉されたソバ粉で打つ『地物粉麺』と
これに中国・内モンゴル産をブレンドした『並粉麺』の
二種類の麺で ご提供させて頂いております
ご注文の際 どちらの「麺」かを お客様のお好みで選んでいただきます
『地物粉麺』は お値段の点で 少々お高くなりますが 国内産の特徴である コシ 喉越し 風味に 優れます
『並粉麺』は 先代創業から五〇有余年 永年ご愛顧頂くお客様にご支持を頂く 弊店の原点の麺で ございます

尚 弊店に納品される江丹別産ソバ粉は
日本麺類業団体連合会傘下の 全国約百軒の蕎麦屋有志が
出資して ソバ畑を共有し
農家が安心してソバ栽培する 環境づくりを蕎麦屋自身も協力し
現地にソバ製粉工場を設け販売することで ソバ生産地を支える
生産者と蕎麦屋が 一体となった恊働を目指します
弊店には 注文翌日に 納品され 毎朝 打たれます
どうぞ、北海道産ソバ粉の 素晴らしさをお味わいください

板長の吐息

ウェブサイトリニューアル

 はやいもので籔半の板場に入り10有余年
 先輩にしごかれながら 今は板長を相務めます
 ピアスをしたがる若者や 茶髪にしたがる若者を だまし すかし 怒鳴り 一人前のそば職人に育てながら 新メニューに挑戦する毎日でございます