INDEX Page 

 


酒肴ページトップ画像

 
 そう 小樽・蕎麦屋・籔半の粋的通的蕎麦屋酒の世界
 その参、「蕎麦屋酒・焼き物」メニューでございます。
  ようこそ。

焼き物

《12》焼きねぎ:Negi-Yaki ¥367円

酒肴・焼きねぎ 

《焼きねぎ》
 埼玉は深谷市の有機栽培農家が、サンサンと降り注ぐ太陽の下、深谷ねぎ畑で、水を求める長葱達に毎日ほんの少ししか水を与えず、そうやって苛め労り可愛がって、薄い層を何層にも育ませた、農家の意地の決勝・深谷ねぎ。
 残念ですが、北海道の軟白長葱はこの層がせいぜい三層くらいで、結局口触りが固く、蕎麦薬味にものです。
 その産地直送の深谷ねぎを焼き、味噌をちょっと添えました。
 別名「てっぽう」、理由は食べてごらんになればわかります。

《13》合焼き:Ai Yaki ¥750円 (北海道滝川産合鴨肉使用)

合焼き 

《合焼き》
蕎麦屋の「焼き鳥」は、串になんぞ、刺さねぇんでぇ !
合鴨のロース肉の焼き鳥でございます。
合鴨の脂で炒めた深谷ねぎと、蕎麦屋自慢の蕎麦つゆベースの特製タレでお召し上がり下さい。
   2010年9月4日ら弊店は、北海道・滝川産合鴨肉で、合鴨メニューを提供させて頂きます。
 歯ごたえがありながら柔らかくジューシー!
 これまでの食感とは全く違う感動に出会えます。
 弊店はこれまで台湾産コックフーズ社の輸入合鴨肉を使用してきましたが、北海道滝川で飼育されるアイマトン社(札幌)のスノーホワイトチェリーバレー種の合鴨肉使用に、全面切り替え致します 。
 海外、とりわけ東南アジアで蔓延する鳥インフルエンザで輸入合鴨肉は全面ストップしておりますが、今や「合鴨」は蕎麦屋に無くてはならない食材です。 
  弊店はこれからも食の安全・安心と安定した食材ルートを追求していきます。
 これまでの合鴨メニューの価格や使用量が、北海道滝川産合鴨肉の高価格のため変わりますがお許し下さい。


■メニュー・お酒・酒肴
 ●粋な酒肴定番 
 ●蕎麦屋独特酒肴ヌキ 
 ●焼き物 
 ●日本海を酒の肴に 
 ●蕎麦屋の刺身 
 ●蕎麦屋の揚物 
 ●季節の酒肴 
 ●蕎麦屋の煮物