●Top Page  ●酒肴定番  ●独特酒肴ヌキ  ●焼き物  ●日本海を肴に  ●お刺身  ●揚物  ●季節の酒肴  ●煮物 

酒肴ページトップ画像


日本酒「ひや」のオーダーは、常温でお出しします。

 人間の舌は体温に近い温度でもっとも旨味や甘みを強く感じるように出来ているのだという。
 そして体温に近い温度だと、胃壁からアルコールが吸収されやすいので、そもそもアルコール分解酵素が少ない日本人は酔いが早くなる。
 が、お燗をすると緩やかに吸収され、その分ゆるやかに酔いが回り、体への負担も小さくなるのだという。


燗温度計 そういう話を見聞きすると、日本酒・純米酒は本当に日本人の体質にあった、素晴らしい酒なのだ、としみじみ思わせられる。
 光文社新書「極上の純米酒ガイド」に掲載された「日本酒の飲用温度を表す言葉」によると、
  15度から20度の間が「ひや」=「常温」。
 
  逆に燗酒は、「ぬる燗」でオーダーし、それが次第に冷めていく「その冷め加減」で酒の旨味がどう変わっていくかを楽しむ。

 温度で楽しむ希有の酒、それが純米酒の世界、日本酒の世界なのです。

ちろり お燗の世界は、
  「日向燗(ひなたかん)」・・・30℃
  「人肌燗(ひとはだかん)」・・35℃
  「ぬる燗(ぬるかん)」・・・・40℃
  「上燗(じょうかん)」・・・・45℃
  「熱燗(あつかん)」・・・・・50℃
  「飛びきり燗(とびきりかん)」55℃
 どうです、なんてネーミングでしょう。
 もう「だら燗」なんて無粋な言い回しはやめて、あなたのお好みの燗あんばいを《この粋な言い回し》でオーダーくださいな。
 なお、お燗は湯燗では折角の名酒・純米酒には荒々しく、弊店はすべて「ちろり」で行います。




 純米大吟醸酒

純米酒・大吟醸酒


純米大吟醸 日置桜 強力 ¥997円 一合

03_sobamiso

鳥取県 (有)山根醸造場
アルコールド数/16.1   日本酒度/+5
原料米/強力(鳥取県産) 精米歩合/40%

 食中酒として、より映える、米の旨味を活かした芳醇で伸びやかな酒。
 さらりとした飲み口の後に、ほのかな甘みをしのばせた酒を造るのが上手い《 鳥取県日置郷の山根釀造場 》が、春を待つ心に酒を酌み交わす意を込めて「日置桜」と酒銘。
  昭和62年に早くも普通種にアルコール添加を全廃。
  鳥取県を原産とする幻の米「強力」はもともと良い酒を造りやすい米だが、そのかわり長稈かつ大粒なので倒れやすく
   「強力を育てるのは荒馬を乗りこなすよう」
 と言われ、敬遠する農家を説得しての復活栽培に取り組み、平成元年純米吟醸づくりに成功したのが
    「日置桜 純米大吟醸 強力」
 寝かせるほど粗さが消え、小気味よさの利いた旨味が出てくる強力米の特性を堪能できる酒。

 ●  一合 997円(総額表示:本体価格+消費税)

純米吟醸酒


北の誉 蔵元限定 純米吟醸原酒 ¥787円 一合


02_yakinori

 北の誉酒造から、酒泉館のみ販売の新酒が出ました。
 《北の誉 蔵元限定 純米吟醸原酒》
 早速弊店のラインアップに。
 蔵出しの味わいをそのままにする純米原酒。

 晩秋の小樽。
 まずは冷えた体を、熱々の雪見豆腐を肴に熱燗で暖めた後に、今度は冷やもうで一本というときに最高の地酒です。
 辛口、キレがすばらしく、蕎麦屋酒肴とのコラボレートが最高です。
 勿論、冷やがお奨めです。

 弊店では一合 ¥787でご提供いたします。
 
 北の誉 蔵元限定 純米吟醸原酒
 原料米:吟風
 純酸度:1.5
 アルコール度:17.0-17.9
 日本酒度:+3.0
 精米歩合:50%
 アミノ酸度:2.5

純米吟醸酒 八海山 ¥840円 一合


02_yakinori

 つくり手の意志に強く裏うちされた《覇気》が伝わってくる酒がある。
 この純米吟醸・八海山もそういう酒。
 冷や(常温)でもバランスがあるし、
 燗にすると旨味とまろやかさが一層際立つ。
 吟醸酒を「燗」で楽しむ、それをしてもバランスが崩れない、そんな贅沢を味わえる酒として、ラインアップさせてもらった。  アルコール度 15.5% 
 日本酒度 +5.0
 酸度 1.2
 アミノ酸度 1.1
 使用米 :山田錦(麹米・掛米) 美山錦他(掛米)精米歩合50% 
 使用酵母 協会 9号

このページのトップへ

純米酒


純米酒 鷹勇 ¥735円 一合



純米酒・鷹勇
 熟成の遅さが真骨頂!
 男の酒「鷹勇」。
 その賛辞は現役屈指の名杜氏坂本氏の名と共に語られる。
 28歳で杜氏に就任。
 以来ベタ甘全盛の時からから一貫して、蒸し米を締め、麹を締めて、味を切らせた爽快辛口を醸し続ける。
  新酒の時期は水のようにさらりとした酒質。
  寝かせ時間をかけて適熟を待って出荷される酒の代表的存在。
  「鷹勇」の本領は、常温にちかい冷やかぬる燗で呑むこと。
  抜群にスベリがよくなる、男の酒「鷹勇」を如何が。

 鳥取県 大谷酒造株式会社
 アルコールド数 15.4
 日本酒度 +3.5
 原料米 山田錦、玉栄(鳥取)
 精米歩合 50% 

 ●  一合 735円(総額表示:本体価格+消費税)

純米酒:熟成三年の熟成酒:ひこ孫 ¥682円 一合



純米酒・ひこ孫神亀 純米酒 ひこ孫
埼玉県 神亀酒造株式会社
  神亀酒造は熟成酒に力を入れてきて、今日全量の約九割が一年以上寝かせた熟成酒をラインアップしている。
 フルーティなどと訳もわからず酒を評するものには解らないが、華やかさはないものの熟成酒のみが持っている枯れた香りと複雑な旨味は一度知ったらやみつき。
  大きな味のふくらみと対照的な後味の軽やかさがあり、独特の印象を醸し出す。
 神亀酒造は、昭和62年全国で初めて全量純米を達成した蔵で有名。
 その酒質を決定づけているのは、熟成の作用と時を経て味わいを増す酒にするためのきめ細かな気遣いにこそある。
 素人には触れることの出来ない製法を維持し続ける杜氏・上原氏、そしてまだ「山田錦」入手困難な時代から酒造好敵米の確保に奔走しついに吉野川上流の理想的な環境で栽培される「山田錦」を確保するオーナー・小川原氏との絶妙な関係が織りなす「ひこ孫」シリーズ。
 その 原点・「ひこ孫・純米酒」で、常温にちかい冷やかぬる燗がお薦め。
 腰の強いこの「ひこ孫」には、塩辛塩雲丹ニシン切り込みなどが最適の酒肴です。

  アルコールド数/15.7
 日本酒度/+6
 原料米/山田錦(徳島阿波産)
 精米歩合/55% 
  熟成期間/3年
●  一合 682円(総額表示:本体価格+消費税)

山廃純米種:三井の寿 豊穣美田 ¥682円 一合


純米酒・美田山廃純米 豊穣美田 福岡県 井上酒造場合資会社
 純米酒にはしばしば「米の旨味」という表現が用いられるが、舌触りがなめらかで旨味の濃い、文字とおり「米の旨味」がぴったりの酒。
 「井上酒造場」の「美田」シリーズは精白度、麹、酒母など様々に組み合わせを変えたバリエーションを誇る。
  そのなかでも、精米暮靄65%・総破精型麹・山廃モトの組み合わせで釀した「豊穣」が最も個性的に出来ている。
 派手な上立香は控えめで、米そのものの旨味が詰まり、甘みのないまろやかな香味が特徴。
 41度=ぬる燗のお燗で調和が深まり、味きれも良く、味の濃い料理が欲しくなる日本酒です。

アルコールド数/16.0
日本酒度/±0
原料米/山田錦(福岡糸島産)
精米歩合/65% 
熟成期間/1年 
●  一合 682円(総額表示:本体価格+消費税)

このページのトップへ

本醸造酒


北の誉特選 辛口金ラベル ¥420円 一合



純米酒・鷹勇 

 

北の誉本醸造特選 北の誉酒造株式会社 

 小樽の地酒・北の誉の特選規格の辛口酒。
  すっきりしたのど越しの上に、しっかりとしたコクと旨み。
 「 大吟醸でなければ酒ではない」などと、誤った蘊蓄を並べたがる人には無縁。
 特選規格の絶妙の辛口酒、コクと旨味の小樽の地酒で、
  衒わず、
  構えず、
蕎麦屋酒を楽しまれる方へにお勧めです。

 

 

北の勝 本醸造鳳凰 ¥472円 一合


本醸造酒・北の勝



北の勝 本醸造鳳凰 根室・碓井勝三郎商店 

 北の勝は、北海道最東端・根室市に百有余年前に誕生した由緒ある日本酒。
 自然に恵まれた北海道根室の風土に育まれた、時と匠の技が磨き続けてきたロマンの美酒。
 ブランドや知名度で日本酒を選んではいけないということを、この北の勝の存在が示している。
 本醸造酒では弊店で今最もお客様の人気のあるお酒です。

 

 

 

大関酒造 淡麗辛口本醸造酒 ¥735円 300ml


日本酒・辛丹波
 大関酒造が酒処・丹波の風土で育んだ地酒、淡麗辛口本醸造「辛丹波」。
  丹波の郷愁と伝統そして素朴な土の匂いを感じさせます。辛口ですが雑味のない、口あたりサッパリのキリッとひきしまった淡麗辛口酒。その上、冴え、澄み、深みををさらに感じさせる逸品。 辛丹波開発担当杜氏桐山四郎杜氏

日本酒度:+7
酸度:1.5
アルコール分:15度

 

 

菊正宗 樽酒 ¥735円 300m 


日本酒・菊正宗
 吉野杉の爽やかな香りが特徴の菊正宗酒造の本格辛口本醸造酒です。
 吉野杉の樽に辛口の日本酒を詰めて、最適な期間貯蔵すると杉の香りが見事に調和し、飲み頃となります。爽やかな香りは、口中に残る料理の味を洗い流し、さっぱりとさせる働きがあります。和洋中問わず濃厚な料理などに合う日本酒です。

アルコール度数:15.0
日本酒度 :+3.0
甘辛度:辛口
濃淡度:やや淡麗

 

 

地酒・北の誉 純米 生酒 ¥735円 300m 


北の誉純米生酒
 米と米麹、清らかな雪清水で醸した、南部杜氏佐々木氏が北の誉に来て手掛けた第一号。
  一切の加熱処理をしておりませんので、本来お酒が持つさわやかな香りとフレッシュさが生きています。
日本酒度:3.0
精米歩合:65%
総酸度: 1.4
アミノ酸度:1.3
アルコール度:13.0~13.9

 

地酒・北の誉 本醸造辛口生酒 ¥735円 300m 


北の誉・本醸造・辛生
 北の誉の辛生。
  フレッシュさにキレを加えた本格派の辛口タイプ。
  一切の加熱処理をしていない“本物の生酒”です。
 日本酒度:6.0
 精米歩合:65%
 総酸度:1.4
 アミノ酸度:1.3
 アルコール度:15.0~15.9